JR・東急・浅草線五反田駅より徒歩4
03-6417-4417

加齢性黄斑変性症

加齢性黄斑変性症とは

加齢性黄斑変性症

加齢性黄斑変性症は、網膜の中にある黄斑(網膜の中心で直径約1.5mmの範囲、物を見るのに重要)と言う部分が、主に加齢が原因で働きに異常が起こり、視力が低下してしまう疾患です。

50歳以上の男性に多く発症すると言われ、年齢とともに患者数は増加、高齢者の失明原因の一つとも言われています。加齢以外の発症誘因としては、遺伝、喫煙、紫外線による酸化ストレス、偏った食生活などが挙げられます。

「滲出型」と「萎縮型」

加齢性黄斑変性症には、「滲出型」と「萎縮型」の2つのタイプがあります。

滲出型は、黄斑の脈絡膜(網膜より外側にある、血管が豊富な膜)から網膜に向かって、新生血管(新しくできた血管)が伸びてくるタイプです。新生血管は脆くて弱いので、すぐに出血するほか、血液中の水分が染み出たりします。そのため新生血管ができると、黄斑の視細胞が急速に損傷され、黄斑の機能は急激に低下していくのです。こちらの場合は、外科的手術が必要になってきますので、提携先病院をご紹介いたします。

一方の萎縮型は、老化とともに網膜の細胞と脈絡膜が徐々に死滅していくタイプです。そのため黄斑の機能はゆっくりと損なわれていきます。なお、このタイプについては、治療法がまだ確立されていません。当院では飲み薬を処方いたします。

症状について

滲出型の場合は、新生血管が黄斑に発生してしまうので、そこで出血や血液中の水分が染み出すと、その場所に関係する視野に異常がみられるようになります。初期症状は、見ようとする部分の直線がゆがんだり、真ん中が暗く見えたりすることなどです。

さらに病状が進行し、出血や染み出しが増加していくと、症状の程度はよりひどくなり、視力低下のほか、色の識別もつかなくなります。そのため「見たいところがよく見えない」「読めない」「書けない」といった状態になります。

なお萎縮型では、組織の損傷が緩やかに拡大し、症状の進行もゆっくり進行しますので、滲出型のような状態になるには10~20年後くらいです。

検査について

加齢黄斑変性か否かを判断するには、問診・視診後に、次のような検査を必要に応じて行います。50歳を過ぎた方は、早期発見、早期治療という面からも一度検査を行うことをお勧めします。

視力検査
加齢黄斑変性では視力低下が生じますので、視力検査を行います。
アムスラー検査
碁盤の目(方眼紙)のような図を見てもらい、格子のゆがみ具合を調べる検査で、物がゆがんで見えていないかどうかがわかります。
眼底検査
目の奥(眼底)にある網膜(特に黄斑)・血管・視神経の状態をそれぞれ調べます。滲出型加齢黄斑変性では、出血や網膜のむくみなどが見られます。
蛍光眼底造影
特殊な光を当てると蛍光を発する性質のある造影剤を腕の静脈から注入し、新生血管などの状態を詳細に調べます。
光干渉断層計(OCT)検査
眼底に近赤外線を当て、その反射波を解析して、層構造をした網膜の断層像を描出し、網膜の状態を調べます。網膜やその下の新生血管などの状態を立体的に把握します。
診療科目
眼科・小児眼科
院長名
逢坂さやか
住所
品川区西五反田2-15-9 ブルーベルビル2F
アクセス
JR・東急・浅草線「五反田」駅より徒歩4分
お問合せ
03-6417-4417
受付時間
休診日:水曜・日曜・祝日
土曜★ 10:00-14:00
  日祝
11:00-13:30
15:00-19:00

Page Top

電話03-6417-4417