JR・東急・浅草線五反田駅より徒歩4
03-6417-4417

ドライアイ・眼精疲労

ドライアイとは

ドライアイ

涙には、目を乾燥から守ったり、細菌やウイルスなどを殺菌するなどの作用、角膜に栄養を補給するといった役割があります。このように目の健康維持には欠かせない涙ですが、ひとたびドライアイになってしまうと涙の量が減少したり、涙の量が十分であっても質が伴わないことで眼球の表面を潤すことができず、目に様々な不快症状を引き起こすようになります。日本では約800~2200万人がドライアイ(日本眼科学会HP)と言われ、さらに年々増加傾向にあります。

ドライアイは、涙の分泌量が減少するタイプと涙の蒸発が亢進するタイプの2つに分類されますが、最近よく見られるのが後者です。その理由としてパソコン画面を見続けながらの長時間作業(VDT作業)の増加、スマートフォンの普及などにより、目を酷使する機会が増えたことが原因ではないかと言われています。そのほかにも、エアコンによる室内の乾燥、コンタクトレンズの長時間装用、ストレスの増加などによるドライアイもこちらのタイプになります。

なお、涙の分泌量が減少するドライアイは、女性の更年期障害でよく見られる症状のひとつです。このほかにも、涙の分泌量が極端に減少し、重いドライアイの症状がみられるシェーグレン症候群(目や口などの粘膜が乾く自己免疫性の疾患)を発症することもあります。

症状について

ドライアイにより目が乾燥してしまうと、涙が出ることで保護されていた角膜が荒れるようになります。それにより、目が乾く、目の中がゴロゴロするような異物感、目が痛い、目が充血する、目が疲れやすいといった症状が、幾度も起きるようになります。

涙は十分に出ているのに、先のような症状があるという方の場合は、乾燥により目が過敏になったことで、反射的に出ているという状態です。つまり、角膜を保護するだけの涙の質が伴っていないということになります。

ドライアイのような症状というのは、他の病気でもよく見受けられます。そのため、他の疾患であるかどうかの有無を確認するためにも、一度眼科で検査を受けるようにしてください。

検査について

ドライアイを診断する主な方法として主に3つの検査があります。どの検査でも比較的短時間で済み、痛みなどは伴いません。

シルマー試験
涙の量を調べる検査です。専用の細い濾紙(涙紙)を目の涙点上に挟んでまぶたを閉じ、5分間でどのくらいの長さ分の涙が染み込むかを調べます。
涙液層破壊時間(BUT:Break Up Time)検査
瞬きをせずに目を開けたままの状態で、涙の層がどのくらいの時間で壊れるかを、細隙灯顕微鏡を用いて観察・測定します。
生体染色検査
目の表面の状態を検査するには、フルオレセイン(黄色い染色液)の点眼により眼球表面を染め、スリットランプと呼ばれる顕微鏡を使って調べる方法がよく用いられます。角膜や結膜に傷や凹凸などがあると、その部分が染まって見えます。

治療について

ドライアイの治療の基本は、乾燥の防止に努めることです。主に人工涙液、ヒアルロン酸製剤、ムチンや水分の分泌を促進する点眼薬、ムチンを産生する点眼薬などを使用します。

このような点眼薬で改善が見られない場合は、涙点プラグを用います。これは、涙点(鼻側目がしらの上下にそれぞれ1個ずつある涙の排出口)に栓(プラグ)を差し込んで目に涙を溜めことで、涙が鼻に流れていかないようにする(涙点プラグ挿入)方法で、これもドライアイ治療のひとつです。なお、プラグの挿入は数分で行うことが可能です。このほかにも外科的な施術として、糸で縫合する涙点閉鎖術を行うこともあります。

眼精疲労とは

主に目を使う作業を長時間続けることで、眼痛、視界のかすみ、まぶしさ、充血などの眼症状だけでなく、頭痛や肩こり、吐き気などの全身症状までみられることもあるのが眼精疲労です。休息や睡眠を十分にとっても回復しづらい点が疲れ目とは異なります。

眼精疲労の原因はいろいろありますが、その中でも度数の合わない眼鏡やコンタクトレンズの使用、目に負担のかかる作業を長時間行った場合などに起きるケースが多くみられます。また、最近はパソコンのディスプレイに向かって長い間作業をしたり、スマートフォンの長時間使用など、仕事でもプライベートでも液晶画面を見続けることが一般的になっており、このようなことから眼精疲労の症状を訴える患者様が非常に多くなっています。このほかにも、全身疾患に伴うもの、ストレス・不安などの心因性のものなどから現れることもあります。

治療にあたっては、まず原因を探し、判明したらそれを排除するようにします。例えば、メガネやコンタクトレンズが合わない場合は新たに作り直す、目の病気が見つかったら、その治療を行うなどです。パソコンによる長時間作業が原因であれば、適度な休息をこまめに取りながら行うようにしてください。眼精疲労には、これといった治療法はありませんが、ビタミン剤の配合された点眼薬や内服薬が有効な場合もあります。

診療科目
眼科・小児眼科
院長名
逢坂さやか
住所
品川区西五反田2-15-9 ブルーベルビル2F
アクセス
JR・東急・浅草線「五反田」駅より徒歩4分
お問合せ
03-6417-4417
受付時間
休診日:水曜・日曜・祝日
土曜★ 10:00-14:00
  日祝
11:00-13:30
15:00-19:00

Page Top

電話03-6417-4417